困難ながん

看護師

治療が難しいとされているがんのなかでも特に治療や発見をすることが困難であるとされている大腸がんという大腸にできるがんがあります。 それは、場合によっては治療に長い時間がかかることや、場合によっては手術をすることが不可能であることもあるために、薬物のみでの治療となってしまうこともあります。 その様なことがあるために、大腸がんの治療をする時には出来るだけ早期に始めることが重要になっています。 そうすることによって、よりがんの症状の進行が少ない間に原因となっている細胞をなくすための治療や手術を始めることが出来る上に様々な合併症状などもある程度は防ぐことが可能であるために、大腸がんは早期に治療することが重要になっています。

様々な病気を治療する時にはお金がかかります。 特に大腸がんは年々発症する人の数が増えている傾向にあるために、万が一の時のためにお金を準備しておくことが重要なこととなっています。 特に大腸がんは治療するためにも数十万円からというお金がかかってしまうことがあるために、大腸がんを発症した時には保険などに加入して、できるだけ自分で負担しなければならないお金を少なくすることが重要なこととなっています。 また、この様なお金はその人が加入している保険などによって大きく変わるものであることから、病気が分かった時にはすぐに自分が現在加入している保険の状況などを医療機関や、保険会社などで確認することが必要であるとされています。

手術で治せるがん

看護師

胆のうがんは自覚症状に乏しく、検診で見つかることが多いです。腹部への検査で発見されます。胆のうがんと診断された場合、治療方法は切除手術です。切除範囲は胆のうだけを取る場合と周りの肝臓の一部やリンパ節を取ることもあります。

Read More...

骨が折れやすくなる

看護師

人間、年をとるといろんな変化が体に訪れますが、とりわけ女性に気をつけていただきたいのは「骨が折れやすくなる」という変化。圧迫骨折と言われる骨折の仕方をしてしまう人が、多くなってしまうのです。

Read More...

がんを予防する

看護師

咽頭がんは高齢の喫煙者の方に多く発症する病気です。この咽頭がんを防止するためには、喫煙や飲酒を避け喉を清潔に保つ事が大切です。現在は煙草の分煙なども進んでいるので、咽頭がんを患ってしまう方は減少していく事が予想されます。

Read More...