がんを予防する

咽頭がんの原因と今後

看護師

咽頭がんは高齢の男性に最も多く発症する病気です。病気の原因としては1番に喫煙が挙げられ、長い間煙草を吸っていた方が高齢になって発病するケースが多いとされています。この咽頭がんは、煙草を吸わなければ発病する確率が非常に低いとも言われています。この事から、咽頭がんは様々な病気の中でも予防をしやすい種類だという事が分かります。現在は煙草の分煙が進み、喫煙者が減少傾向にあります。という事は、咽頭がんも減少傾向にあるという事になります。日本で更に煙草の規制が厳しくなっていけば、咽頭がんを発症してしまう人はほとんどいなくなると予想されます。咽頭がん防止の為にも、出来るだけ早い段階での禁煙が好ましいと思います。

喉の負担を減らす

咽頭がんは喫煙だけでなく、飲酒によるアルコールが原因で発病する事もあるとされています。ですから、喫煙プラス飲酒の組み合わせは咽頭がんを発症させる手助けをしてしまっている事になります。喉に大きな負担を掛けてしまうと発病の危険性が高くなる事は明らかなので、喫煙・飲酒は控える事をおすすめします。喉への負担を減らし、清潔に保つ事で咽頭がんを防止する事が可能です。発病してしまってからでは遅いので、すぐにでも喉への負担を軽減させる努力が必要になります。この際の気持ちとして、長い間喉に負担を掛け続けているからもう手遅れだろうとか、今更何をしても変わらないという考えは捨てるべきです。発病していない限り手遅れという事は無いので、少しずつでも喉への負担を軽減させていくと良いと思います。